新規業務には必須|会議や話し合いにクラウドグループウェアが最適|早い情報共有が可能

会議や話し合いにクラウドグループウェアが最適|早い情報共有が可能

新規業務には必須

PCを触る人

更新を忘れないこと

新しい業務を始める場合に必ず必要になるのがワークフローです。ワークフローは作業手順書とも呼ばれ、マニュアルと一緒に作成する事が望ましい資料です。ワークフローは作業全体像をつかむことができるものです。したがって、全体の流れを一目で把握できることが大事です。マニュアルはその一つ一つのフローに基づく、作業を詳細に説明したものです。そのため誰が行っても同じ品質と同じ時間で完成品を作り上げることができることが求められます。ワークフローは導入時に作成させることが多いのですが、その後の更新がなされる確率が低くなっています。面倒などいくつかの理由はありますが、現在のフローを明確にするためには、必ずアップデートしなければなりません。

オートメーション化が進む

ワークフローは生産性の向上を妨げる要因の把握や、ネックラインを確認するには最適の資料になります。どの部分で作業が積滞しているのか、どの部分で作業の効率化を妨げているのかを一目で確認することができるメリットがあるのです。しかしワークフローを元に検証する人が必ず必要になります。作業を管理するための人を必ず配置することが必要になります。最近ではオートメーションによりワークフローのどの時点でどの程度時間がかかっているのかを自動計測することが可能になっています。リアルタイムで積滞状況などを確認できるメリットがある他、人の目で見逃すことを検知することができるのです。そのためワークフローの自動化を導入する工場が多くなっているのです。