組織改善の指標に|会議や話し合いにクラウドグループウェアが最適|早い情報共有が可能

会議や話し合いにクラウドグループウェアが最適|早い情報共有が可能

組織改善の指標に

オフィス

会社組織にも診断が必要

企業経営を安定させるには財務基盤もさることながら、有機的に機能する会社組織が欠かせません。トップの意思が末端社員にまで反映され、社員1人1人が正しい目的意識を持って業務を行うことで会社組織は機能するのです。業績が低迷していて経営状態も不安定な企業では、組織自体が機能不全に陥っている例も少なくありません。企業に限らずあらゆる組織がそうしたリスクを抱えており、うまく機能しなくなった組織は人間で言うと病気を発症した状態に相当します。会社の経営者など組織の頂点に立って意思決定を下す存在を脳だとすれば、臓器や手足などの器官に相当するのが社員などの構成員です。組織もまた人体と同じく検査と診断を受けることによって、問題点が見つかれば改善のための解決策も見えてくるものです。組織の病理を発見するために実施される組織診断は、コンサルタント業務を行っているサービスを通じて受けることができます。経営者と社員の間に横たわる意識のギャップや意思伝達のズレといったマイナス要素も、組織診断プログラムを通じて発見されるのです。診断結果を組織改革に活用していけば、組織の風通しが良くなって社員のモチベーションも向上します。

Web診断が主流に

そうした組織診断では従業員満足度の調査が必須項目となっており、組織を構成する社員1人1人に対するアンケート調査が欠かせません。従来の方式では紙のアンケートを集計するのに手間がかかり、余計なコストが発生していました。現在ではペーパーレス環境でのWeb診断方式が主流となっており、低コストで組織診断を受けることができます。アンケート項目や分析手法、診断結果の表示方式は組織診断サービスによって違いも見られます。サービスごとに独自の工夫を凝らしており、診断結果を見やすいビジュアル形式で報告する例が大半です。他社組織との比較や経年比較、部門・支店ごとの比較が可能なサービスもありますので、上手に活用することで組織の問題点が浮き彫りにされます。組織診断サービスによっては診断結果の報告にとどまらず、組織改善に向けてのコンサルティングも行っています。会社組織に関する高度な理論とノウハウを持つコンサルタントの指導により、業績をV字回復させた企業も少なくありません。こうした組織改善案に基づく社内ミーティングや研修を経て組織が活性化されれば、低迷していた業績が上向いて経営の安定化へとつながっていくのです。